ミツマタ

三 椏、三 叉

ジンチョウゲ科

和名 ミツマタ
別名 カミノキ、ヤナギ、ムスビ、ミツマタヤナギ、リンチョウ、
黄瑞香(きずいこう)、結香(むすびき)
英名 paperbush

学名 Edgeworthia chrysantha Lindley

mitsumata_1.jpg mitsumata_2.jpg

20080321mitsumata.jpg

落葉低木。花は3~4月に開花し、両性花で下向きに咲く。種子は6~7月に成熟する。「みつまた」の名前どおりに枝が3つに分岐して成長するのが特徴。樹皮の繊維は上質で、昔から和紙の原料として栽培されてきた。繁殖は実生、挿木など。黄瑞香はジンチョウゲの漢名「瑞香(ずいこう)」から派生したものと思われる。
原産:中国


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

AddThis Social Bookmark Button

Comments are closed.