コバノガマズミ

小葉莢迷

スイカズラ科

和名 コバノガマズミ

学名 Viburnum erosum Thunb.
異名 Viburnum erosum Thunb. var. punctatum Franch. et Sav.

kobanogamazumi.jpg

落葉低木で萌芽力が強く二次林に多い。葉には鋸歯があり対生する。葉身の下部に腺体が1~2対ある。葉柄はガマズミより短く5mm以下、基部に托葉がある。花はガマズミより早くて4~5月、枝先に3~7cmの散房花序を出し、多数の白い花をつける。花冠は直径約5mmで先端は5裂する。核果は9~10月に赤く熟す。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

AddThis Social Bookmark Button

Comments are closed.